RIP スタン・リー、多くの楽しみをありがとう

朝、寝ぼけまなこでTwitterを確認していると、「スタン・リー逝去」のニュースが飛び込んできて、急に目が覚めました。

スタン・リー逝去

もはやアメコミ界の巨匠中の巨匠、アメコミは読んだことのない僕でも、スタン・リーは知っています。この10年間、「マーベル・シネマティック・ユニバースMCU)」が展開され、我々のような映画ファンにもアメコミの面白さを伝えてくれました。

多くの方が彼の死を悼んでいます。それは、彼の生み出すスーパーヒーローへの愛着、ユーモアあふれる雰囲気、我々にもたらした数々の楽しみがあるからだと思います。

僕が彼の生み出したアメコミ作品を見たのはソニーピクチャーズの『スパイダーマン』が最初でしたかね。スーパーヒーローなのに苦悩する姿を描くことで、逆に人間性を浮き彫りにさせるドラマ作りに惹かれたのを覚えています。

その後は『アイアンマン』を始めとするアベンジャーズシリーズです。ユーモアあり、シリアスありで、全世界にファンが急増するのも納得のシリーズを製作総指揮として世に送り出してきました。

製作としてだけでなく、カメオ出演でちゃっかり出ちゃうというところに彼の茶目っ気を感じましたし、毎回マーベル作品を見るたびに「スタン・リーはどこに出てるかな?」と彼を探すことが楽しみにもなっていました。

最新作『ヴェノム』でも近所を散歩するお爺ちゃん役としてカメオ出演していましたね。けっこう元気そうな姿だったので、「まだまだ大丈夫かな」なんて思っていたのもあって、今回のニュースには驚きもありました。

来年公開される『アベンジャーズ4(仮)』のカメオ出演シーンは撮影済みとのこと*1です。現在のMCUはこの作品を持って1つの区切りを迎えるとされています。1つのサーガが終わるとともに、彼の時代も終わると考えると、何か運命めいたものを感じずにはいられません。

来年を楽しみにしています。たぶん涙なしには見られないだろうなあ。

彼こそ僕達の心を楽しませてくれた「親愛なる隣人」ではないでしょうか。

MARVELがホームページに掲げた、スタン・リーの言葉にもこうあります。

MARVELの追悼 (c) MARVEL

「みんなが橋を建設したり、医者をやったりしている中、僕はコミックライターであることに恥じらいを覚えていたんだ。でもね、こうも気づき始めたんだ。エンターテイメントはみんなの生活にとても重要なんだと。楽しみがないと我を見失ってしまうかもしれない。ひとを楽しませる、ということは実はとても良いことなんだと。」

謹んでご冥福をお祈りします。

最後に彼の常套句、編集後記でよく使っていた締めの言葉で終わらせていただきます。

Excelsior!

【Evernote+Medibang】の組み合わせで紙の絵をスマホで線画抽出する方法

こんにちは。あーてぃちょーく(@artichoke_onsen)です。

この度、プロフィールアイコンを新調しました。あたしンちのみかんちゃんです。かわいいですね、ハイ。

これを作る際、紙に描いてからスマホで線画化したので、その方法を備忘録も兼ねて紹介したいと思います。

Evernoteで紙の線画を取り込み

まず、スマホEvernoteアプリを開きます。

evernote.com

下の「+」(プラスボタン)から、「写真」撮影を選びます。

f:id:arti_choke:20181111202312j:plain

すると、Evernoteが自動的に書類を認識して、緑色の枠が表示されます。少し待つと、自動的に撮影されます。書類モードなので、紙の白色と線の黒色がコントラストよく撮れます。(Evernote、すごい。)

evernote1

撮影されたら、右下のボタンからトリミングや回転といった調整ができます。

evernote2

絵を描いた範囲をトリミングしました。

evernote3

右上の「保存」ボタンをタップすると、それだけで端末に調整済みの写真が保存されています。

evernote4

Medibangで線画抽出

これだけでもキレイなような気がしますが、さらに僕は線画抽出を行ないました。使ったアプリはこの「Medibang」(メディバン)というアプリ。高機能の無料イラストアプリです。

medibangpaint.com

スタート画面から「新しいキャンバス」を選択し、「画像を選択してインポート」を選びます。

medibang1

先程保存された絵の画像を選ぶと、「線画抽出しますか?」と聞かれるので、「する」を選択。

medibang2

コントラストなどを設定したあと、「完了」をタップ。「線画抽出レイヤーを保護しますか?」と聞かれるので「する」を選択します。すると、線画レイヤーに背景が透過となった線画が抽出されています。

medibang3

左下の「三」(メニュー)ボタンから「png/jpg形式でエクスポート」を選択して保存します。pngで保存すれば、透過背景で保存できます。

medibang4

以上で線画抽出された絵が保存されました!お疲れ様です。

icon_complete

さて、EvernoteとMedibangの組み合わせでアナログ線画から線画抽出する方法、うまく出来ましたでしょうか。ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

映画『ボーダーライン』感想・エミリー・ブラントの映画上の役割

いよいよ2作目『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』が公開ということで1作目をレビュー!

ボーダーライン

あらすじ

巨大化するメキシコの麻薬カルテルを殲滅するため、米国防総省の特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイトは、謎のコロンビア人とともにアメリカとメキシコの国境付近を拠点とする麻薬組織撲滅の極秘作戦に参加する。しかし、仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した作戦内容や、人の命が簡単に失われていく現場に直面し、ケイトの中で善と悪の境界が揺らいでいく。(映画.com)

感想

この手の実話をベースにした「部隊作戦」映画を見るとウサマ・ビン・ラディン殺害を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』を思い出します。『ゼロ・ダーク・サーティ』ではかなり凝ったリアリティのある描写(尋問シーンなど)が見られましたが、本作はそれよりもマイルドな描き方の印象です。

マイルドと言っても、冒頭に腐乱死体描写があったり、メキシコの国境付近の地域では見せしめの死体がぶら下がっているといったシーンはありますが。

むしろそうした残虐なシーンをあえて匂わせて、観客に想像させるという手法をとっています。例えばベニチオ・デル・トロが水タンクを持って尋問室に向かうシーン。このあとの拷問の場面は見せなくても、水攻めにすることを匂わせています。

想像するだけで怖い怖い。なんでしょうね、残虐なシーンを見せないことでアメリカ批判が来ないようにしているのでしょうか。

映画としての印象としては、全体的に緊張感のあるシーンが多く、間に空撮の綺麗な映像が挟まり、見ていてリズム感を感じる作りでした。

エミリー・ブラントの役割とは。

エミリー・ブラント

今作は一応エミリー・ブラントが主役ということになっていますが、助演のベニチオ・デル・トロが完全に主役を食う存在感、というかストーリー上も彼のためにある映画であると思いました。

エミリー・ブラントは特殊部隊で活躍する敏腕であるものの、アメリカ-メキシコの国境という無法地帯では完全にお嬢さん扱いで、どちらかというと我々観客と作戦部隊との橋渡し役といったところです。

つまり、我々はエミリー・ブラント抜きにしてはこの映画に感情移入できないわけで、彼女が案内人として機能し、この「非日常の極限」のような世界にあくまで自然にいざなってくれるわけです。

ベニチオ・デル・トロの正体とは。

ベニチオ・デル・トロ

さて、ストーリー上の主役・ベニチオ・デル・トロが演じる、アレハンドロ。もうね、渋いし強し、カッコいい。最初こそ、「ノリが悪いオッサン」レベルでしたが、徐々に覚醒していきました。

終盤に明かされますが、CIAの一員だとばかり思っていた彼は、実は、メキシコの麻薬カルテルに妻と娘を殺された過去を持つメキシコの元検事だったのです。

CIAは復讐に燃える彼を利用し、カルテルの頭領を暗殺させようと計画していたのです。いやー、なんとも静かな驚き。「そういう展開か…」と思いました。

が、ここからの単独作戦がスゴい。ベニチオ・デル・トロ、メキシコ側で1人で潜入、『メタルギア』のスネークばりのスニーキングアクションで次々と敵を殺し、麻薬王とご対面。

なんの躊躇もなく、家族もろとも殺したところに、彼の執念と覚悟が現れていました。シビレました。

まとめ

というかベニチオ・デル・トロ強すぎでは。彼一人でもうええやんけ。

次回作『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』は来週公開です。ストーリー上、もう不要と判断されたエミリー・ブラントは起用されず、さらにムサい感じになりそうです。