【Evernote+Medibang】の組み合わせで紙の絵をスマホで線画抽出する方法

こんにちは。あーてぃちょーく(@artichoke_onsen)です。

この度、プロフィールアイコンを新調しました。あたしンちのみかんちゃんです。かわいいですね、ハイ。

これを作る際、紙に描いてからスマホで線画化したので、その方法を備忘録も兼ねて紹介したいと思います。

Evernoteで紙の線画を取り込み

まず、スマホEvernoteアプリを開きます。

evernote.com

下の「+」(プラスボタン)から、「写真」撮影を選びます。

f:id:arti_choke:20181111202312j:plain

すると、Evernoteが自動的に書類を認識して、緑色の枠が表示されます。少し待つと、自動的に撮影されます。書類モードなので、紙の白色と線の黒色がコントラストよく撮れます。(Evernote、すごい。)

evernote1

撮影されたら、右下のボタンからトリミングや回転といった調整ができます。

evernote2

絵を描いた範囲をトリミングしました。

evernote3

右上の「保存」ボタンをタップすると、それだけで端末に調整済みの写真が保存されています。

evernote4

Medibangで線画抽出

これだけでもキレイなような気がしますが、さらに僕は線画抽出を行ないました。使ったアプリはこの「Medibang」(メディバン)というアプリ。高機能の無料イラストアプリです。

medibangpaint.com

スタート画面から「新しいキャンバス」を選択し、「画像を選択してインポート」を選びます。

medibang1

先程保存された絵の画像を選ぶと、「線画抽出しますか?」と聞かれるので、「する」を選択。

medibang2

コントラストなどを設定したあと、「完了」をタップ。「線画抽出レイヤーを保護しますか?」と聞かれるので「する」を選択します。すると、線画レイヤーに背景が透過となった線画が抽出されています。

medibang3

左下の「三」(メニュー)ボタンから「png/jpg形式でエクスポート」を選択して保存します。pngで保存すれば、透過背景で保存できます。

medibang4

以上で線画抽出された絵が保存されました!お疲れ様です。

icon_complete

さて、EvernoteとMedibangの組み合わせでアナログ線画から線画抽出する方法、うまく出来ましたでしょうか。ここまで読んでくださり、ありがとうございます!