7点

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』感想・スアンはどこで涙を流したか?

すべてがお約束なのに、面白いし感動までしちゃうという、出色の韓国映画をレビューします。 あらすじ 感想 テーマ「人への思いやり」 マイルドなゾンビ描写 まとめ あらすじ ソウルでファンドマネージャーとして働くソグは妻と別居中で、まだ幼いひとり娘の…

映画『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』感想レビュー/タイムリープものだけど… 7点/10点

あらすじ 感想 タイムリープものだが… 『アバウト・タイム』のメッセージ キャスト陣の良さ まとめ あらすじ 「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティ…

ドライヴ 7点/10点

主人公ドライバー(ライアン・ゴズリング)が物静かで非常にクールなのだが後に怖い一面も見せる。演出が秀逸でバックミラーを使った構図、エレベーターの照明の当て方など、実に印象的なシーンが多い。ただ、一本調のストーリーと暴力的描写が頂けない。

アクトレス 〜女たちの舞台〜 7点/10点

私が推している女優、クロエ・グレース・モレッツが出演しているので劇場へ足を運んだ。会話劇を美しい風景と優雅な音楽とともに描いている。ただどうしても主人公(ジュリエット・ビノシュ)が"堅い"という印象になってしまう。彼女よりもそのマネージャー役…

フルメタルジャケット 7点/10点

スタンリー・キューブリックによる戦争・訓練によって人が変わっていく有様を描いた作品なのだが、それにしてはシリアス感が足りず間延びしている印象がある。監督は反戦ではなく戦争そのままを描きたかったのだそうだがそれが裏目に出たのだろうか。前半の…

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 7点/10点

シリーズ中最も皮肉たらしいというか痛快なエンド。私としてはメカを使ってスマートに潜入するのが好みなのだが今作は割と行き当たりバッタリの肉弾戦が多かったように思う。トム・クルーズの拷問シーンだけでもファンの女性は見る価値があるかもしれない。

ジュラシック・ワールド 7点/10点

スティーブン・スピルバーグ監督が作り出したジュラシック・パークシリーズから14年。彼は製作総指揮にまわったものの、シリーズのDNAをしっかり受け継いだ大作娯楽映画に仕上がっている。最後のおいしいところは奴がもっていってしまって唖然としたが、見せ…

プレステージ 7点/10点

僕の好きなクリストファー・ノーラン監督の『バットマンビギンズ』の次に撮られた作品。彼の作品ではおなじみとなったクリスチャン・ベールやマイケル・ケインが出演している。まさかのSF展開だったがラストには驚いた。見終わってもクリスチャン・ベールが…

ブラック・スワン 7点/10点

痛々しい描写が多くて辛かった。鏡や地下鉄の車窓など、反射を使った演出が効果的で主人公の二面性の怖さを増幅させていた。特に黒鳥の演技が鳥肌ものだった。

世界にひとつのプレイブック 7点/10点

見る前までタイトルを「世界にひとつのプレイバック」だと勘違いしていて、何かやり直す物語だろうかと勝手に思っていたのだが、正しくは「プレイブック」だった。指南書という意味らしい。まあそんなことは置いといて。 "EXELSIOR(より高く)"をモットーに前…

ライフ・イズ・ビューティフル 7点/10点

ホロコーストを扱った作品の代表作として『シンドラーのリスト』と双肩を並べる、監督と脚本と主演をロバート・ベニーニが一人でこなしたイタリア映画。ユダヤ系イタリア人の親子の視点で描いたお話。あえてシリアスに走らずに、辛いことも気の持ちよう、ユ…