おんせんブログ

邦画

【90分前後】Amazonプライムビデオで短い時間に見れるおすすめの映画4選

はじめに セトウツミ(2016年、75分) アフタースクール(2008年、101分) セルラー(2004年、94分) ラッシュアワー(1999年、97分) まとめ はじめに こんにちは、あーてぃちょーく(@artichoke_onsen)です。 僕はよくAmazon Prime Videoを利用して映画を…

【2018年最新】映画おすすめランキング100!面白い洋画/邦画/アニメ映画は?

今日は何の映画を見ようかな?そんな方の参考になればと思い、僕が実際に見てきた映画の中で、最も良い、オススメしたい100作品をランキング形式でご紹介します。過去の名作から2018年の最新作まで入った映画ランキングです。 目次 目次 はじめに 100位から…

アヒルと鴨のコインロッカー 8点/10点

伊坂幸太郎原作、オール仙台ロケの映画。話のテンポがよく、鮮やかな伏線回収には驚いた。しかも話はそこで終わるのではなく、後味爽やかなヒューマンストーリーに仕上がっている。原作の評価が高いので原作のほうも読んでみたいと思った(原作ファンはあまり…

永遠の0 8点/10点

小説の無駄な部分を省き、ドキュメントというよりもドラマ的に空戦を描写している。宮部久蔵(岡田准一)の思いがより伝わってくる。戦後は十分描かれていたので戦時を伝えるエピソードを加えるとよりリアルになるのではないだろうか。

海街diary 9点/10点

あえて感動的にする演出はないのに泣けた。それは人と人との複雑に思えるつながりを丁寧に描いているからであろう。"義理"や"建前"と、"本音"という日本文化に根ざしたストーリーは深く心に染み入る。